著作物の複製・提供に関する補償金を図書館が出版社に支払う仕組みも

同時配信の許諾簡略化、図書館のデータ送信可能化 参院可決の著作権法改正案

メディアビジネス編集部

<p>著作権法の一部を改正する法律案が5月26日、参議院で可決・成立した。改正項目は(1)図書館関係の権利制限規定の見直し、および(2)放送番組のインターネット同時配信等にかかる権利処理の円滑化、の2つ。</p> <h2>国会図書館が絶版等資料のネット送信できるようになり、出版社側に補償金を払う</h2> <p>改正法では、国立国会図書館が絶版等資料のデータを、直接個々の利用者に対しても送信できるようになる。現行の送信先は図書館等のみで、利用者は近くの公共図書館等に行って閲覧するしかない。今回の改正に伴い、自宅や会社等から</p>

出版・メディア業界向けニュースサイト「メディアビジネス・ニュース」は、株式会社イノベーター・ジャパンのメディア事業向けCMS/ECシステム「OMS」のデモサイトとして公開しつつ、記事の全文を会員登録いただいた皆様に全文公開しております。

この記事の著者

メディアビジネス編集部

出版社や新聞社などのメディア事業者、製造業や小売業などのオウンドメディアを運営する企業向けに、総合コンサルティングサービス「MediaDX」の提供、システム構築、メディア運用など、事業立案からグロース・多角化戦略まで幅広く支援している。
おすすめの記事