講談社・集英社・小学館が丸紅と新会社設立 DX活用で出版流通の最適化推進

メディアビジネス編集部

<p>講談社(東京都文京区)、集英社(同千代田区)および小学館(同千代田区)の出版3社は5月14日、丸紅(東京都中央区)と2021年内の新会社設立に向けて協議を開始すると発表した。DXの活用で日本の出版流通を改革することを目指す。設立時期や規模は明らかにしていない。</p> <p>新会社によるDXを活用した主な取り組みとして、以下の2つを挙げている。</p> <ul class="customListBulleted"> <li>AIの活用による業務効率化事業</li> </ul> <p>書籍・雑誌の流通情報の流れを網羅的に把握し、AIの活用により配本・発行等を初めとする出版流通全体の最適化を実現する。</p>

出版・メディア業界向けニュースサイト「メディアビジネス・ニュース」は、株式会社イノベーター・ジャパンのメディア事業向けCMS/ECシステム「OMS」のデモサイトとして公開しつつ、記事の全文を会員登録いただいた皆様に全文公開しております。

この記事の著者

メディアビジネス編集部

出版社や新聞社などのメディア事業者、製造業や小売業などのオウンドメディアを運営する企業向けに、総合コンサルティングサービス「MediaDX」の提供、システム構築、メディア運用など、事業立案からグロース・多角化戦略まで幅広く支援している。
おすすめの記事